容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

若干ショート優勢の相場となりました。

  1. 2010/03/23(火) 15:33:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日のオープンの米ドルは92.12円の買い価格で、若干ショート優勢の相場となりました。

30分足のローソク足から考えると、緩やかな上昇気味が長く続いてから、大きな陽線の後で陰線が現れる切り込み線で、過去1時間以内に酒田五法で言うところの上げ三法の傾向があります。

上値は一目均衡表の転換線や20日移動平均が支持線として動きました。

一目均衡表のクモをサポートに安い水準で推移していますが、再び終値が陰転したことで、中期ボックス相場の上値が見えてきます

取引の経験から考慮すると、こういうチャートは反射的に売買をしていこうと思いました

ボリンジャーバンドは買われ過ぎ圏辺りに下落したので、50日移動平均の支持線のために勢いが強まった様子といえます。

こういうチャートは反射的に売買をしていこうと思いました。

FX会社に自動決済されないように元手資金の管理だけはしっかりとやって、ポジションを保ち続けていきます。

陰転直前です。

  1. 2010/03/22(月) 22:33:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日はエントリーから米ドル円相場は93.16円の値をつけており、多少売り時ではないかと思いました。

少し前に新値足がゴールデンクロスしたことで、短期レンジ相場の底値が視野に入ってきます。

底値は一目均衡表の分厚いクモや50SMAがレジスタンスとして移動しています。

SMAで兆候を見てみると明らかな下落状態と考えられます。

10日平均線が長期平均線より下部で移動していて、10日平均線は明らかな下落気味で、長期平均線は上昇気味です

過去の経験を判断すると、エントリーするべきかどうか悩んでしまいます

スローストキャスから考えると、50%以下の水準で%KがSDを交差するところで、陰転直前です。

今回は強気でエントリーでいってみようと思いました。

この後以降の相場の動きは注意が必要です。

DTIブログって?